" /> ROONEY!ROONEY!ROONEY!: 2008年05月 アーカイブ

HOME

« 2008年04月 | メイン | 2008年06月 »

2008年05月 アーカイブ

2008年05月02日

さっそく・・・。

この間買った”手作り犬ごはん”の本を参考に作ってみた!(前日記・健康になるために。より)

まずは、材料から用意。

乾燥ひじき・高野豆腐・かつおの削り節・豆乳・青のり・黒ごま。

tedukurigohan%20001.jpg

んで、本日のメニュぅー!!

小松菜とおくらのお粥。
トッピングは黒ごま・ひじき・高野豆腐のふりかけ。
最後にゆで卵(半分)。

tedukurigohan%20003.jpg

tedukurigohan%20004.jpg

今までフード半分、野菜プラスとかはあげてたけど、100%手作りは初めて★
全部食べてくれるか不安だったけど、キレイに食べてくれました!!!

うれしいなぁ♪

今日のメニュぅーで、ミネラル・たんぱく質・カルシウム・食物繊維・鉄・・・etcが
摂れたハズ♪

2008年05月06日

手作りごはん NO2

昨日。

「根菜類と鶏肉の豆乳粥」

0%20003%E3%80%80a.jpg

今日。

「小松菜の鶏だしうどん」

0%20002%E3%80%80b.jpg

たーんとお食べ♪

0%20001.jpg

2008年05月15日

一時お預かり。

みなさま、お久しぶりです。

5/11から、熊本で保護されていたフレ夫君を一時預かり中です。

080515%20017.jpg

080515%20002.jpg


この子は、去年の暮れに熊本のとある駐車場で保護されました。
発見された時は皮膚はボロボロ・・・・・足は骨折後のようで一回手術がされていました。
が!この骨折部からは手術のときに使用されていたプレートが飛び出していたそうです。
なんとも、痛々しい姿で見つかったフレンチくん。

しかも、入れられていたのはダンボール。
ふたは閉められていたそう。

優しいおじさんに発見され、一命を取り留めたフレンチくん。
その後、熊本の愛護センターに保護され、愛護ボランティアのはちママさん宅へ一時預かり
していただいていました。
はちママさんの優しさで、骨折は再手術をしていただき、先月に外固定が外れました!
歩き方はおぼつかないですが、お外に出るのが嬉しいらしく、一生懸命に歩きます。
(お外が嫌いになって無くてヨカッタァ・・・・・。)

皮膚の状態も保護されたときに比べると良くなったようで、新しい飼い主を探すことに・・・。

この話をmixiで見て・・・・。
我が家にはルーニーというかわいい息子がいます。
その子とうまくやっていけるか?
迎えたい気持ちはありましたが、ずーっと悩んでて・・・・・。

一度、会いに行こう!とのことで熊本へ・・・・。
そこで。フレ夫くん(はちママさん宅での呼び名)のかわいさに胸キュン♪

でも、ルーニーとの相性は分からず。
確かに、一日で何が分かるというのか。
ということで、一時預かりを決行!!!!

・・・・こんな感じで、現在奮闘中。

080515%20007.jpg

やっぱり、フレ夫くんは犬に面識が無いためかルーニーのことは怖がり、ルーニーが挨拶しようとすると
逃げ回る・・・。

でも、今回受け入れてみて分かったことがある。
しれは、ルーニーが意外と大人の対応をしてくれていること。
これにはビックリ。

うちのルーニーは大変なわがままで・・・・。
きっと、フレ夫くんが来たら、ストレス&寂しさからトイレを違うところでしたり、
物を壊したりするのかなぁーと思い、構えていた。
トイレのしつけも一からしよう!と。
でも、今までよりも偉くなったんです!!!

フレ夫くんはルーニーのコト怖がってるからフレ夫くんをゲージから出すときは
ルーニーはゲージの中へ。

キュンキュン、クンクン鳴くことも無く、じーっとおとなしくしてる。
おもちゃを取られても、怒らない。
一緒に散歩に行くとフレ夫くんは興味からなのかルーニーに噛み付こうとし、
吠える・・・。
でも、ルーニーは吠え返さない、

かっこいいぞ!!ルーニー!!!!
お母さんは見直したぞ!!!
ありがとう。


そして、この預かり期間中、イチバンお世話になっているぷーしゃん母さん。
初日には、自宅で毛をカッティング&お風呂を4回も入れてくれて・・・。
本当に感謝です。感激です。
フレンチを心から愛している人達が、こんなにいたことが嬉しくて嬉しくて・・・・(涙)

休みの日は家の掃除に、洗濯、フレ夫くんのお風呂。
散歩・・・あっという間に過ぎていきます。
それでも、ぷーしゃん母さん、はちママさんなど、フレンチ仲間が応援してくれてるので
心強いです。

フレ夫くんがもう一度人間を心から好きになって、そして、他犬にも慣れていくように
毎日がアタフタですが、頑張っていきたいと思います。

080515%20004.jpg

2008年05月18日

夜散歩。

最近、ご飯を食べてから4人で行く、「夜散歩」が日課になってきた。

IMG_0095.JPG

フレ夫くんyはお外が大好きで、リードとカラーを見せると嬉しそうに寄ってくる。
(また、この寄って来かたがかわいいぃいんだよ。)

片足骨折していて、皮膚病で肉球も痛々しいから土の上や枯葉の上は痛がる。
ので、きれい目なコンクリを選んで歩くようにしてます。

IMG_0097.JPG

散歩中、ルーニーとフレ夫くんは我関せずって感じでモクモクと歩いております。

IMG_0100.JPG

IMG_0102.JPG

たまーーーに、お互いの存在を確かめ合ったりもします(笑)

IMG_0107.JPG

しかし、家に来てからフレ夫くんの皮膚の状態が悪くなってる気がする・・・。
なぜだ??
手作り食がダメなのか???
環境の変化から来るストレスか??
ルーニーの存在????

体は今のところ2日に1回のペースで洗ってるのになぁ・・・。

ん???

洗いすぎ???

初めてのことでわからんちんなことばかり。
試行錯誤の毎日ですなぁ。

☆本日の誰で賞☆

IMG_0111.JPG


2008年05月20日

病院。

今日は、病院へ行ってきました。

ルーニーのかかりつけのお医者さん。
もしも、疥癬だと感染が怖いので最後の受付で受診。
先生はフレ夫君の状況を見て「これは、ひどいね・・・。重症だね。」と。
やはり、先生から見ても重症ですか。

いままでの経過を説明後、疥癬の検査・・・・。
皮膚を3ヶ所採取し、顕微鏡へ・・・。

結果。


疥癬マイナス。


卵もなかったそう。

じゃ、何だ????

先生は、これはアレルギーによるものか、はたまた毛包虫か、免疫の異常からくるものななか。
判断が難しいと。
そこで、皮膚を生検に出すことに。(皮膚を約5~6mm切開し検査に出すこと)
麻酔をし、いざ皮膚カット。
フレ夫君、ここでも感心です。ほとんど、吠えず、鳴かず、じっと我慢。
計3ヶ所、計6針縫いました(涙)

でも、これで、深いところまで分かるらしい。
抗生剤の注射を打ってもらい、帰宅。

先生は、食事は手作りで行きましょう!!と。
次回、土曜日に受診予定。それまでに、食べたものを毎日チェックし、書き留めて置いてくださいって。
体は、かさぶたができればできるほど細菌や虫の栄養となるようなので、毎日でも洗ってあげてもいいですって。

先生は熱心に診てくれて、うれしかったぁ。

今日は、ちょっと、お疲れモードのフレ夫君。
場頑張ったね。


余談ですが。
フレ夫くんのイチバン輝いてる表情を見せてくれるのは、ごはんと散歩の時(笑)
ぱっちりお目目がかわいい☆

080519.jpg


もちろん、ルーニーだって食欲と散歩欲は負けてませぬ(笑)

2008年05月21日

shearer

本日、確定しました!!

保護してくださっていた、はちママさんからのお許しを頂き、
本日をもって、フレ夫君は我が家の一員となりました。


名前 : shearer(シアラー)

生年月日 : 2002/07/14

年齢 : 5歳

080521%20004%20a.jpg

これから、ずーっと一緒だよ♪
4人(2匹)でいろんなトコに出かけて、たーくさん思いでつくろうね♪

彼氏、わたし、ルーニー共々よろしくね。

ルーニー!!
お兄ちゃんになったんだよぉ(お兄ちゃんなのかな・・・・・?)

080521%20001.jpg

本日のシアラー。
昨日に引き続き、シャンプー!!
湯船にお湯を張って、浸しながらのお風呂・・・・。
まーしゃんさんからもらった石鹸であわあわ~☆
すっきりきれいになりました!
処方された薬を飲んでから、ほとんど掻いてないシアラー。
よかったね。

2008年05月26日

みんなで大濠公園

24日、shearerの2回目の病院受診日。

経過は、いいとのコト☆

ステロイドが効いてるので、寄生虫ではないんじゃないかって。
まだ、病理の結果は返ってきてないけど、疥癬や毛包虫の可能性は低くなりました。

ということは、やはり何かのアレルギー????

ということは、「完治」は難しい・・・ってコトですよね。

アレルギーの完治はあまり聞いたことがないような。
でも、上手に付き合っていけば皮膚の良い状態は保てるということ。

これは、飼い主の腕次第ですな・・・・。
shearer!!頑張るぞ!!!

でも、何かひとつでも分かれば、治療に向けて進むことができる。
今回の受診は実のあるものでした♪

次の日、彼氏もお休みだったので2匹を連れて大濠公園へGO♪

080525%20010.jpg

shearerの肉球は砂利や砂に敏感で少し痛みを感じるみたい。
大濠公園は、ジョギングする人達のために、クッション性のある素材を使って
ジョギングロードを作ってある。
なので、shearerにはもってこいなのだ♪

さほど痛みを感じることなく、テクテクと歩くshearer。

080525%20012%20b.jpg

棒を見つけてくわえて歩くrooney。

080525%20009.jpg

080525%20001%20a.jpg

shearerは人の多さに少しビックリしてたけど、他の犬に興味を示すなど、
shearerなりに楽しんでるようでした♪

080525%20013%20a.jpg

080525%20003.jpg

ルーニー!シアラー!楽しかったねぇ~☆

2008年05月30日

生検の結果

朝、病院から電話がかかってきた。

「生検の結果が分かりましたよ。アトピー性皮膚炎ですね。」

診断名 : アトピー性皮膚炎。

午後から受診し、アトピー性皮膚炎の説明を受ける。
きちんと資料まで作っていただきました。

DSC_1642.JPG

DSC_1643.JPG

<アトピー性皮膚炎>

定義 : 遺伝性で掻痒性の皮膚炎。
      犬の3~15%はアトピーであるといわれ、ある研究では犬の皮膚疾患の50%が
      アトピーと関連するといわれている。
      
原因 : アレルゲン
      アトピーのほとんどはハウスダストに対する過敏症由来である。
      遺伝的な免疫機能障害と、表皮のバリアー機能異常に直接的関係がある。
     アレルゲンの進入経路は経皮的である。

治療 : アトピー性皮膚炎は通常、治癒(完治)は認めず、管理が中心である。
     →コントロール。
     抗原(原因となるもの)との接触の回避。
     シャンプー → これがイチバン効果的!!!!!!(ココ重要!)
     ハウスダストの除去。
     ステロイド・サプリメント・抗ヒスタミン剤・抗生物質の投与。


DSC_1641.JPG

イチバンいいのは、部屋の中を真空状態にして細菌やダニ・ハウスダストを排除すればいい。

んなこと、できっこないし(苦笑)
だから、先生はできることをすればいいって。
イチバンいいのは皮膚に付いたアレルゲンとなるハウスダストやほこり、細菌を洗い落とすこと。
つまり、日々、シャンプーを!!!ですね。

最近は一週間に5回ぐらい(って、ほぼ毎日だね。)洗ってます。
やぱっり、洗った後は臭いもないし、皮膚もきれいになってる。かゆみもほとんど無いみたい。

これから、ながぁーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーいお付き合いになる
アトピーちゃん。

大変なこともあるだろうケド、一緒に頑張っていこうね☆シアラー!!
でもね、考えようによっては一石四鳥なの。
アトピーをコントロールするには「家を清潔に!」が基本となる。

彼氏は元々喘息持ち。
あたしは掃除嫌い。
シアラーはアトピー性皮膚炎。
ルーニーは時々オデキができるぐらい。
      
        ↓

    今回の一件で
    
        ↓

あたしはイヤでもそうじはしないといけなくなる。(実は、掃除嫌いを直したかった)
すると、彼氏は喘息の発作の頻度が減る。
シアラーは皮膚の状態が改善される。
ルーニーはもっと、健康になる!!!

        ↓
 
      一石四鳥!!!

何事も考え方ひとつでよくも悪くもなるんだし、どうせだったらプラスに考えたほうが幸せだし♪
気長に、ゆるりといきましょう♪

DSC_1661.JPG
ROONEYも、よろしくね。


近頃の二人は、仲がいいんだか、悪いんだか。
いい距離感で見つめたり、見つめあったり(笑)


DSC_1667.JPG


DSC_1670.JPG

最近、シアラーは悪さも覚えました(笑)
そろそろ、本格的なしつけモードに切り替えなきゃなぁ。

DSC_1671.JPG