« 海中に変化・・・。 | メイン | V,D »

「動物愛護法の改正を求めて」

2008年02月02日

~動物虐待への対策強化を求める請願~

皆さん、日本には「動物の愛護及び管理に関する法律」が存在することをご存知ですか?
2005年6月法律が改正され、(この署名、約15万人分を提出したようです。)
2006年6月から施行されています。
しかし、改正されてもまだまだなくならない”動物虐待” ”動物飼育放棄” ”遺棄”。

何のための法律なのか?

ただ、法律を作った。だけで終わらせてはなりません。
法律の有効化が必要なのです。

動物を虐待する人がいる。
(こんな人「人間」とも思いたくないですが・・・。)
そんな虐待を受けた動物達を保護する団体はある。
このような団体の協力で虐待を受けた動物達は助かるが、虐待した人間はその後どうなるの?
名ばかりの頼りない法律に守られて、罰せられることも無く普段と変わらない生活を送る。

また、繰り返される虐待。
終わりの無い惨劇。

日本にも「アニマルポリス」のような機関があればもっと、「命」は助かるのに・・・。

こんなことを言うあたしも、本日知りました。
この署名運動のことを。

この署名で助かる命があるかもしれない。
少しでも力になれれば・・・。

愛犬家の皆様!以下のサイトをご覧になり、賛同していただけるのならご署名お願いします!

http://hogohou.net/petition.html

動物愛護法署名

人間と動物が共生できる世界を目指して!!
皆さんの声が集まり、国は動くと信じています!!


コメント (1)

コメントを投稿